個性的な指使いや弾き方 弾き語りは聴くだけでなく見て面白い

2021年1月11日

弾き 弾き語り

僕の奏法は基本的にフラットピックを使ったストローク、アルペジオ、スリーフィンガーで、サムピックを使うことはあまりないです。もちろん使う時もあるし、使えない事ないけどフラットピックを持ってアコギを始めたこともあって、得意というか自然なのがこのスタイルとなってるわけ。親指と人差し指でフラットピックを握りベース音を、中指・薬指で中低音の弦を弾くというスタイルです。

ライブではほぼフラットピックを利用しているもう一つの理由は、サムピックになるとどうしてもストロークがやりにくいってのがあるわけですね。弾き語りの場合、ワンコーラス目から同じフレーズで弾くのではなく曲の終盤に向かって伴奏となるアコギ側も強めのフレーズで弾いたりするのはよくあることで、その際の後半部分で僕は使いにくいというわけなんです。

サムピックって基本はベース音を強く弾きやすいようにピック自体が硬いでしょ。その硬さゆえに6弦全てをジャラーンってうまく弾くのが非常に難しい。少なくとは僕にとっては、フラットピックでアルペジオやスリーフィンガーする方がまだやりやすいわけ。

ライブでサムピックオンリーの人をみた

先日ライブでご一緒した人で全曲サムピックを使ってる人がいらっしゃってね。アルペジオとかそんな曲だけじゃなく、ストロークをジャカジャカ搔きむしるような曲でもサムピックだったんですよ。あんな早いストロークや細かなカッティングとか普通じゃ難しいはずなのに。ちなみに


コチラ↑↑のようなサムピックではなく、ごく普通のタイプでした。

アコギの弾き方教則本には、アルペジオはサムピック(もしくは指引き)でストロークはフラットピックでって書いてある。でもサムピックだけを使う人や以前一度お会いしたことあるけどピックを使わない人とか色々いらっしゃる。そんな弾き方の個性を発見するのも、ライブ鑑賞の楽しみなんです。 僕がライブ鑑賞の時、ついついライブでは右手や左手を凝視しちゃうのはそういう理由。ホントに弾き方の個性って面白いです(^^)。

アルバム「サクラのように」

ブログ アーカイブ

QooQ